納得できる結果を出すことが第一の目標

コンサルタントって便利な言葉があり、それによって多くのコンサルティング業者が生まれました。その多くはお金を払ったはいいが、効果はそれほど見込めなかったという状況。

私はそのどちらか一方だけに問題があるとは思えません。どんなに優秀なコンサルタントでも、経営者も一緒になって努力しなければ効果は薄れ、意味がありません。かと言って、全てが優秀なコンサルタントかと言えば、それもNoだと思います。

こういった状況が生まれない為にも、経営者とコンサルタントは「お店とお客」のような関係ではあってはならないものと思います。また、前職(営業)ではそのような「やって当たり前のような事を、当たり前のようにやらない」経営者が多く存在することに気づき、ある意味でいろいろと学ばせていただきました。

少なくとも私が見てきた中で確実に言える事は、平社員や一営業が発する言葉、提案であっても真剣に聞き耳を立てる経営者(上司)の方は、やはり経営もうまくいっている(信頼されている)という事です。

常にアンテナを張ってるわけですから、そんな発言・提案の中ででも何かヒントとなるようなものをリサーチされているのでしょう。そして本音で意見をぶつけ合える、そんな関係の中で会社もお店も大きくなっていくものだと思います。

現在、私どもは全ての仕事をご紹介で承っております。
既存同ジャンル・地域のお店は請け負っていないのも理由の一つですが、お金ではない繋がりをまず持ちたいからなのです。

まずは「“この関係じゃないといけない”とご理解いただいている方々」に納得できる結果を出すことが第一の目標であり、それが始まりだと考えます。


今、一番高い広告は、信頼される方からのクチコミなのですから・・・。